小児科

概要

島根県東部の小児医療を担う病院の一つとして、一般小児科診療から二次救急に至るまで幅広いニーズに的確に応え、より良い医療を提供できるように、診療体制の充実をはかっています。

また、鳥取大学医学部附属病院、島根大学医学部附属病院との連携により、悪性腫瘍や小児外科疾患など専門性の高い検査、治療が必要となる疾患や、集中治療など高度な治療が必要な場合には時機を逸せず紹介できるような体制も整えています。

その他、予防接種や、乳児健診などといった子供の健康管理にも目を向け、子供達の健康をトータルで見ていける小児科を目指しています。

担当医師

科長:辻靖博(つじやすひろ)

(資格)

日本小児科学会認定小児科専門医、認定小児科指導医、日本小児循環器学会小児循環器専門医・評議員、鳥取大学医学部臨床教授、緩和ケア研修会修了

(専門分野)

小児循環器疾患

副院長・感染対策室長・医療安全管理室長:田中雄二(たなかゆうじ)

(資格)

ICD(InfectionControlDoctor)、日本小児科学会認定小児科専門医、認定小児科指導医、地域総合小児医療認定医、日本小児栄養消化器肝臓学会認定医、鳥取大学医学部臨床教授、緩和ケア研修会修了

(専門分野)

小児肝疾患、小児科一般(感染症、アレルギー、生活習慣病など)

上山潤一(うえやまじゅんいち)

(資格)

日本小児血液・がん学会専門医・指導医、日本小児科学会専門医・指導医、日本血液学会専門医・指導医、JBCT日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医、鳥取大学医学部臨床教授、緩和ケア研修会修了

(評議員・世話人)

日本小児血液がん学会評議員、JCCG治療研究委員・研究審査委員

(専門分野)

小児科全般 (特に小児血液腫瘍)

米田尚弘(よねだなおひろ)

(資格)

日本小児科学会認定小児科専門医、緩和ケア研修会修了

(専門分野)

小児血液・腫瘍

辻本美沙(つじもとみさ)

(資格)

 新生児蘇生法「専門」コースインストラクター、緩和ケア研修会修了

 (専門分野)

 小児科全般

鞁嶋有紀(かわしまゆき)鳥取大学小児科

(専門分野)

小児内分泌

北本晃一(きたもとこういち)鳥取大学小児科

(専門分野)

小児腎臓

診療内容

小児科では、原則として0歳から15歳まで(出生後から中学生まで)の子供達に対応し、呼吸器、消化器などの感染症をはじめとした内科的疾患の診療を行っています。ただし、麻疹や風疹、水痘、ムンプスなど、通常小児がかかることの多い疾患の場合は高校生でも診療を行うことがあります。また、予防接種に関することは成人でもご相談に応じています。

午前中は、感染症を中心とした一般診療を医師2人体制で行い、午後は、専門外来、乳児健診などの時間帯として、一般診療は行っていません。ただし、ご紹介のお子さんや、救急受診のお子さんについては、午後の時間帯であっても救急外来を利用して診察を行っています。

慢性疾患外来・血液疾患外来

毎週月・水曜日午後に、気管支喘息、肝疾患、血液疾患など、慢性疾患に対する診療を行っています。月曜日は小児血液専門医が診療を行っており、小児の血液疾患に関してはこちらにご相談ください。必須ではありませんが、可能な限り事前に予約をお願いします。なお、これらの疾患は通常の外来でも対応しますが、通常の外来は風邪など伝染性疾患の患者で混雑することがありますので、可能な限りこの時間に受診されることお勧めします。

小児循環器外来

毎週金曜日午後に、小児循環器専門医による先天性心疾患、不整脈等、循環器疾患に関する診療を行っています。前日までにお電話でご予約ください。なお、生後間もない新生児の心雑音など、早期の診断が必要な場合は、適宜別に診察時間を設定しますので、直接、小児科外来へご連絡ください。

小児内分泌外来

毎月第2および第4月曜日午後(祝日の時はその前後の月曜日)に、小児内分泌専門医による、低身長、小児糖尿病、下垂体・甲状腺疾患など、内分泌疾患に関する診療を行っております。内分泌外来受診希望の方は、原則、通常の小児科外来をまず受診して頂き、必要な検査を施行後に内分泌外来を受診して頂くようにしておりますので、まずは一般の小児科外来(平日午前)をご予約ください

小児腎臓外来

毎月第1および第3月曜日午後(祝日の時はその前後の月曜日)に、小児腎臓外来を鳥取大学病院の小児腎臓医が行っています。腎炎・ネフローゼ症候群から慢性腎不全まで、小児の腎臓疾患に関する診療を行います。また学校検尿異常者の精密検査も行っています。更なる検査が必要な場合は、大学病院での診療につなげます。小児腎臓外来受診希望の方は、原則、通常の小児科外来を最初に受診していただき、必要な検査を施行後に小児腎臓外来を受診して頂くようにしておりますので、まずは一般の小児科外来(平日午前)をご予約ください。

乳児健診

毎週木曜日午後に行っています。必須ではありませんが、可能な限り事前に予約をお願いします。

予防接種

毎週火曜日午後、麻疹、風疹、水痘、四種混合、日本脳炎、インフルエンザ菌b型(ヒブワクチン)、肺炎球菌(プレベナー)、B型肝炎の定期接種を行っています。

また、ムンプス、インフルエンザ、ロタウイルスなどの任意接種も行っています。

時間外の救急患者に対して

  1. 毎週土・日曜日および祝日の10時から17時まで
  2. 毎週月〜金曜日の17時30分から21時まで(ただし祝日の場合は1となります)

上記以外の時間外診療は内科系医師が診察します。依頼があった場合は小児科医が診察します。

時間外選定療養費の徴収について

診療時間外に救急外来を受診した場合に、時間外選定療養費(5,500円)を徴収します。

ただし、小児(0歳児〜中学3年生)は以下の場合は徴収免除となります。

1.紹介状を持参した場合

2.入院となった場合

3.手術を行った場合

4.脱水症状、呼吸困難、痙攣など緊急を要する症状で、以下のような治療や処置が必要となった場合

 ・輸液

 ・吸入(メプチンまたはボスミン)

 ・抗痙攣剤の投与(ダイアップ座薬挿肛を含む)

5.当院(外来または入院)で加療を受けたにもかかわらず、症状の持続あるいは再燃を認め、前回診察日から3日以内に再診した場合

6.その他、医師が認めた場合

診療実績

(人)

実績 H24年 H25年 H26年 H27年 H28年 平成29年 平成30年

新規入院患者数

(転科含む)

1248 1073 1062 968 997 960 1,174
一日平均外来患者数 53.7 50.5 35.2 30.2 29.0 30.1 32.5

診療日程

時間外選定療養費について