歯科口腔外科

概要

歯や歯周組織のみならず、舌や顎骨、顎関節や唾液腺などの口腔顎顔面領域の疾病の治療を担当し、機能や形態の回復をめざします。
対象疾患は、口腔顎顔面領域の外傷、炎症、嚢胞性疾患、良性腫瘍、悪性腫瘍、さらには粘膜疾患、唾液腺疾患、先天異常など多岐にわたります。また、入院患者や有病者の一般歯科治療にも対応しています。特に咬み合わせの問題や歯の欠損後の機能回復に関しては顎顔面外科インプラントセンターで治療を行います。
地域歯科診療支援病院として地域の医療機関との機能分担、連携をすすめ、逆紹介を推進します。

顎顔面外科インプラントセンター

顎顔面外科インプラントセンターでは、かかりつけ歯科医(歯科矯正認定医を含む)と連携し診療にあたります。主として、顎骨の変形にともない咬み合わせがよくない症例の顎骨形成術や、腫瘍等により広範囲の顎骨欠損を生じ通常の義歯の装着が困難となった症例の顎骨形成後、デンタルインプラントによる補綴治療を保険診療で行います。また、通常の自費診療で行われるデンタルインプラントについても歯槽骨萎縮の強い症例などを中心に専門的な治療を行います。

認定施設等

  • 歯科医師臨床研修施設
  • 指定自立支援医療機関・育成医療・更生医療(口腔・歯科矯正)
  • 日本顎顔面インプラント学会認定研修施設
  • 日本口腔外科学会認定研修施設
  • 日本歯科ドック学会認定施設
  • 島根県歯科技術専門学校歯科衛生士科臨床実習施設

 

担当医師

科長・顎顔面外科インプラントセンター長:石倉信造(いしくらしんぞう)

(資格)

日本口腔外科学会専門医、横浜市立大学形成外科非常勤講師、インプラント講師、医療安全指導医、臨床研修指導歯科医、緩和ケア研修会修了

(専門分野)

口腔がん、顎変形症、顔面外傷、嚢胞など口腔外科的手術

成相義樹(なりあいよしき)

(資格)

日本口腔外科学会専門医・指導医、日本顎顔面インプラント学会指導医・専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医(歯科口腔外科)、臨床修練指導歯科医、インフェクションコントロールドクター、国際口腔顎顔面外科専門医、日本口腔腫瘍学会口腔がん専門医、臨床研修指導歯科医、緩和ケア研修会修了

(専門分野)

口腔腫瘍、歯科インプラントなど

高村雄太郎(たかむらゆうたろう)

(資格)

日本矯正歯科学会認定医、日本口腔外科学会認定医、緩和ケア研修会修了

(専門分野)

大人の矯正歯科治療、子どもの矯正歯科治療、顎変形症の術前・術後矯正治療、先天性疾患を有する患者の矯正歯科治療など

小田原聖(おだわらしょう)

(資格)

日本口腔外科学会認定医、日本外傷歯学会認定医・指導医、日本歯科人間ドック学会認定医、日本糖尿病学会登録歯科医師、臨床研修指導歯科医、緩和ケア研修会修了

[評議員・世話人]

西日本臨床小児口腔外科学会評議員、日本外傷歯学会理事

(専門分野)

口腔腫瘍、顎変形症、顔面外傷、インプラント、顎関節症、口腔内科など

加藤直樹(かとうなおき)

(資格)

緩和ケア研修会修了

 

(専門分野)

口腔外科一般

診療内容

智歯

智歯は歯の中で、最も後方に萌出するため、萌出異常をきたしやすく、不潔となり、歯肉の炎症やう蝕の原因となります。埋伏状態や周囲の解剖学的構造(下顎神経や上顎洞)との関係をみつつ、局所麻酔、静脈内鎮静法(後述)、全身麻酔で処置を行います。

有病者の歯科治療

基礎疾患を有する患者さんの歯科治療を行っています。特に、抜歯などの観血的処置を行う場合、安全に処置が行えるよう各科と連携をとり対応しています。また基礎疾患に関連して発症する口腔内症状の診断、治療を行います。

静脈内鎮静を用いた歯科治療

静脈内鎮静法とは、点滴により鎮静状態を得る方法で、歯科治療にともなう緊張を和らげ安全性と快適性を向上させます。歯科治療に対する恐怖心が強い方、基礎疾患を有し管理が必要な方が対象となります。

デンタルインプラント

デンタルインプラントとは歯を失った部位の顎骨に人工歯根を埋入し、その上に歯をつくる治療法です。埋入する部位の骨の不足があれば、骨造成術を行ってインプラント治療を進めます。平成24年より保険導入された広範囲な顎骨欠損(外傷後や口腔腫瘍の切除後)等の症例に対するインプラント治療も行いますが、一般的なインプラント治療は、検査、診断、治療のすべてが保険適応外となります。

歯性感染症

う蝕や歯周病などが原因となり、口腔顎顔面の感染症を生じることがあります。重症の場合は生命にかかわることもあり、入院下での消炎処置が必要となる場合があります。

外傷

口腔、顎顔面の外傷には軟組織損傷、歯の破折や脱臼、顔貌の変化や咬合の異常を伴う顎骨骨折があります。軟組織の縫合処置や脱臼した歯の再植や固定の多くは外来処置が可能ですが、顎骨骨折では多くは手術を必要とし入院管理となります。

顎関節疾患

顎関節症や顎関節脱臼の治療を行います。顎関節症では顎運動に関与する咀嚼筋の疼痛、顎関節部の雑音・疼痛、開口障害をきたします。治療は薬物療法(鎮痛薬や筋弛緩薬)やスプリント療法(マウスピースによる治療)などの保存療法が主体となります。顎関節脱臼では脱臼の整復を行いますが、陳旧性、習慣性の顎関節脱臼では手術が必要となる場合があります。

唾液腺疾患

唾液の組織内への貯留により生じる粘液のう胞や、大唾液腺に生じる唾石症、唾液腺炎や唾液腺腫瘍(良性・悪性)の治療を行います。

良性腫瘍・嚢胞

口腔にはさまざまな良性腫瘍や嚢胞が生じます。また、顎骨に特有なものとして歯の形成に関わった細胞を由来とする歯原性腫瘍・嚢胞が顎骨内に生じることがあります。これらの疾患に対する治療を行います。

口腔がん

口腔内に生じる癌は全身に発生する全がんの2%程度といわれています。口腔がんでは舌がん、次いで歯肉がんが多く生じます。治療としては手術療法、化学療法、放射線療法がありますが、手術療法が主体となります。必要に応じて化学療法や放射線科と連携して放射線療法も併用します。進行したがんでは切除量が増えるため、口腔の機能障害(咀嚼や発音)が問題となります。そのため他部位からの組織移植による再建術が必要となる場合があります。また、緩和ケア科との連携により治療困難な患者さんへのbest supportive careに努めています。

顎変形症

上顎骨、下顎骨の大きさや形、位置などの異常によって顔面の変形と咬み合わせの異常を起こしている状態を顎変形症といいます。

顎口腔機能診断を行い、歯科矯正治療および顎骨の骨切り手術により顎骨を望ましい位置に移動させ、咬合を回復します。当院は更生医療(歯科矯正)指定を受けていますので、顎変形症治療に対する術前・後の歯科矯正治療は保険適応となります。

矯正歯科

子どもから大人まですべての人たちに安心して矯正治療が受けられる環境を整えています。顎矯正手術が適応される顎変形症や先天性疾患を有する患者の歯科矯正治療、さらに歯科矯正用アンカースクリューを併用する矯正治療にも対応しています。

診療日程

111