看護局長インタビュー

看護局長

松江市立病院の特徴はどんなところだと思いますか。

第一に、地域の中核となる病院だと思います。たとえば、かかりつけの病院が別にある患者さんが、大きな検査や病気の時に当院を利用して、状態が安定すれば再びかかりつけの病院に通うというように、地域と連携して医療を提供するイメージです。地域の方から必要な時に心より求めていただける、身近な病院でありたいです。そのために、当院だからこそ受けられる看護を目指します。診療に対する補助はもちろん、看護によって心地よさや安心感、和らぎを提供できることも大切にしています。


また、多職種連携によるチーム活動に力を入れています。「多職種連携」とは、看護師や医師、薬剤師、管理栄養士、リハビリセラピストなどと部署の垣根を越え、それぞれの患者さんのために、同じ目標に向かって必要なケアを行うものです。そして、これらの多職種が一丸となることで、「チーム活動」を行っています。また緩和ケアや認知症など、ある領域に特化した専門家が多職種チームで患者さんをサポートする「チーム活動」も積極的に行っています。当院には緩和ケア病棟がありますので、緩和ケアチームが熱心に活動していますし、リエゾンチームと認知症ケアチームの両方を兼ね備えた数少ない病院でもあります。


さらに、当院は地域がん診療連携拠点病院ですので、がん治療に対して特に力を入れています。医療設備を整えて、がん看護専門看護師やがん領域の認定看護師を育成し、がん患者さんを多く受け入れています。もちろん総合病院ですので、がんに限らず様々な領域に取り組んでいます。

どんな人材を求めていますか。

思いやりの心を持てる人を求めています。採用時にそれを見極めることは簡単ではありませんが、仲間とともに何かに一生懸命打ち込んできた経験のある人にはそういう方が多いように感じます。もちろん医療や看護に関する専門的な知識、技術は大切ですが、これらは教育で身につきます。思いやりなどの人柄は教えることが難しい。だからこそ、思いやりの心を持てる人を求めます。一方で、多様性を受け入れることは必要です。私たちが若い世代の職員の価値観などを理解することも大切だと考えています。

活躍している人、成長している人はどんな人ですか。

仕事を楽しみ、前向きで、大変なこともエネルギーに変えて頑張れる人でしょうか。実際、当院には臨時職員(※当時)から正規職員に採用された後に認定看護師になった人もいますし、やる気があって頑張っている人には資格取得を支援する仕組みがあります。誰でも可能性はあり、私たちが上手くサポートできれば、大きく成長できると考えています。また、多様なバックグラウンドと価値観がある人が集まった中で、モチベーションを保つ仕組み作りも必要です。職員自身が目指す姿を全力で支援します。

資格取得支援とは具体的にはどういう内容ですか。

認定看護師や専門看護師に関して、取得希望者の中から選抜された職員については、業務の範囲内で学費も当院が負担して、全面的にサポートしています。令和5年度は職員一名が利用しています。ただし、取得後は業務で求められる責任も重くなります。専門職として自己研鑽に励んでもらいたいので、その他には研修や学会発表へのサポートなど、それを支援する仕組みがあります。また、資格取得や更新に係る費用を最高5万円まで助成する制度もあります。

最後に、採用試験を受験される方へメッセージをお願いします。

松江市立病院を利用される方のために、私たちと一緒に頑張る仲間を求めています。

“患者さんとともに歩む看護”を一緒に実践しませんか?ご応募お待ちしています。

 

看護局長2

看護局長プロフィール

吉岡佐知子

松江市出身。看護短大を卒業後、各地の病院で勤務。その後大学、大学院を卒業し、平成14年松江市立病院に入職。看護師長等を経て、令和3年4月より現職。専門看護師(老人看護分野)。

※記事の内容は取材当時のものです。