臨床研修

臨床研修病院としての役割

地域の中核病院としての機能を有する当院において、最新の医療技術および情報を提供し、病院全体として医師の臨床研修を積極的に支援する。病院から宍道湖を望む景色

 

病院長からのメッセージ

病院長紀川純三本院は、病床数470床、27診療科を有し100名を超える医師が勤務する山陰の中核病院として地域医療に貢献しています。がんセンター、緩和ケア病棟やICUを設置し、災害時拠点病院としての機能も有しています。地域がん診療連携拠点病院(高度型)、地域医療支援病院、臨床研修指定病院など指定を受け、多くの学会から専門医育成のための施設としても認定されています。

政治家で医師でもあった後藤新平は「金を残すのは下、仕事を残すのは中、そして、人を残すのが上である。」と述べています。病院にとっても人材育成は重要な課題です。松江市立病院の使命は、高度の医療体制を確保するとともに、各種専門医をはじめとする医療専門職を育成することにあります。特に、臨床研修病院として多くの研修医を受け入れていますが、初期研修の場は医師の将来に大きな影響を与えます。したがって、良質な教育・研修の場を提供することは当院の責務のひとつと考えています。

教育・研修に際しては、細分化・高度化する医療に対応した設備、人員の確保、さらには、倫理感を基盤とした情操教育が必要です。研修医の希望に沿ったプログラムと経験豊かな指導医による有意義な研修を提供することにより、ResearchMindを持った医師を育成したいと思います。
やる気のある諸君の応募をお待ちしております。


初期臨床研修

後期臨床研修

歯科医師臨床

病院の特徴

病院の周辺環境

研修医ニュースたわれじ

病院見学受付中


メディゲート(外部サイトへ) レジナビ(外部サイトへ) 一般社団法人しまね地域医療支援センター(外部サイトへ)